キャノン、エプソンのプリンタ比較'2011


2011モデルの各ブランドのプリンタの性能や価格、機能などを比較してみた場合、まず、ここ数年でどこのプリンタも搭載している機能や画質などが特に違和感の無いレベルで統一されてきた向きが大きく、比較にあまり差はないと言っていいようです。

上位機種を比較してみても、エプソンは6色構成、1.5plインク滴のAdvanced MSDT、解像度は5760×1440dpiとこちらは春モデルのスペックですが、キャノンのほうも6色構成、1plインク滴の3サイズドロップレット、そして解像度は9600×2400dpiとなっています。

スキャナ搭載モデルはキャノンが最上位機種がCCD方式、フィルムスキャン対応というものになっていますが、昨年のものと同様といったところでしょう。2011年のデザインはエプソンがすっきりしたデザインにわずかに変化をしています。

またキャノンも2011の物を比較すると、カラーがシルバーからブラック系と落ち着いたカラーの傾向になり、より家庭向けプリンタとしての志向が強いといっていいでしょう。

キャノン、エプソンともにやはり多少の画質面、スキャン方式などのブランドごとの差はありますが、ネットワークやユーテイリテイなどはほぼ同じように使用でき、プリンタとしての性能もあまり差はない傾向が強いようです。



posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。