キャノンのプリンタでサービスモードを起動


レーザープリンタなどで多い機能がステータスシートを印刷したりできるサービスモードでの動作確認です。例えばキャノン製の比較的家庭向けのプリンタではできないような感じがしますが、サービスモードでの起動ができるタイプがほとんどのようです。

サービスモードはたとえてみれば裏のモードです。プリンタのサービスモードとは、メンテナンスモードとも一般に呼ばれ、多くはソフトウエアとして内蔵されているコマンドを使用して簡単に操作ができます。印字チェック用のプリントをしたりすることが主な用途です。

印刷することも普通の用途と変わりありませんが、プリンタが正常かどうかを判断するために色々な印刷物を実際に出力する手間を大幅に軽減させることができます。インクの不足しているカラーをチェックすることも頻繁に使用される機能でしょう。

この機能を搭載することで、定期的にメンテナンスをし、部品の異常などがあれば交換することで、プリンタも長く使用していくことができるでしょう。キャノンのものはモードに入るための操作も通常のコンソールからできます。

キャノン製のプリンタばかりでなく他のブランドでも、家庭用のものからオフイスタイプまでありますが、購入の際にはよくチェックしておきたいところです。



posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。