キャノン製プリンタでヘッド交換


プリンタで消耗する部位といえば、ヘッドが上げられます。つまりできれば簡単に交換できることが理想でしょう。ヘッド自体はメーカサイトや、販売店でも購入できるものが多いですが、旧製品のカテゴリに入る前に多少の余分をそろえておくといいでしょう。

プリンタヘッドはデリケートなものですので、自分で交換をせずにメーカに依頼するのもよい方法とおもいます。例としてキャノン製プリンタを使用している場合では、ヘッドリフレッシュ、ノズルのチェック、ヘッド位置調整、といった交換後のチェックが必要ですが、比較的専門の作業ですので、あまりなれない方にとっては面倒が大きいかもしれません。

やはりメーカに依頼したほうが安全性の面では好都合であるとおもわれます。
また、キャノンでもヘッドのトラブルと誤解しがちなところもありますので、交換しても動作が異常で、さらには交換してもすぐにヘッドが破損してしまう可能性も少なくはないでしょう。

キャノンでの修理代金は定額ですので、破損内容にかかわらず安心です。しかし異常な使用方法をしなければ破損の可能性がほぼ無いような部位であれば、有料となるケースもあるでしょう。また配送なども注意して梱包すべきでしょう。

posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。