エプソン製プリンタとノズル


エプソンのインクジェット式カラープリンタなどでは、あまり使用頻度が少ない場合、ノズルのクリーニングをしないときれいな印刷ができない場合が多くあります。また、この場合、クリーニングが1度で済めばいいのですが、何度もしないと効果が薄い場合もあります。
そしてインクの減りが早くなり、コスト的な問題も発生してしまいます。

ヘッドに残ったインクは乾いていまうと、ノズルが目詰まりを起こします。この現象を解消するには、やはりインクを大量に使用しながらクリーニングをするしかないようです。

エプソンであればチェック用にテストパターンを印字するだけでも効果はあります。
このことをできれば一週間に1度行うことで、ノズルの部分が目詰まりをすることなく新しいインクを使用させることができるでしょう。

結局は無断な印刷を1度したほうが、クリーニングで大量のインクを無駄にしてしまうよりもコストがかからずに済みます。また、クリーニングだけで処置ができるのであれば問題はありませんが、放置する期間があまりにも長すぎたケースでは、ヘッド交換が必要になってしまうでしょう。

プリンタヘッドは高価ですので、エプソンでの修理費用もバカにならないでしょう。プリンタはできれば電源を入れたまま一定数を上手に使うようにすべきです。



posted by プリンター大特価 at | EPSON Colorio(エプソンカラリオ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。