hp製プリンタc4490とドライバ


プリンタを使用する上で欠かせないのがドライバソフトです。パソコンから印刷する場合、パソコンにこのドライバをインストールすることで初めて使用できます。

新しいパソコンであれば、プラグアンドプレイという機能が働いてプリンタを物理的に接続するだけですんなりと印刷することもできますが、きちんとドライバをセットアップしないと文字化けなどの原因となることも多くなります。


例としてhp製プリンタc4490でもドライバのインストールは必須ですが、まずドライバそのものを用意します。これには最新のものがより安定する可能性が高くなりますので、インターネットからダウンロードするのがよいでしょう。hpのサイトから直接ダウンロードすることがお勧めです。用意ができればあとはOSからプリンタをセットアップします。

【フォトスマート プリンタ】
posted with カエレバ

セットアップできれば、あとは印刷ができます。あるいはhp製プリンタc4490ではwindows7に既にドライバはセットされていますので、プラグアンドプレイで対応できるでしょう。

また何か不具合が起きたり調子が悪ければ後から最新のものをダウンロードすればよいでしょう。またドライバと共にソフトウエアが付属していますので、使用することでより快適にc4490を使うことができます。


posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。