キャノンのプリンタip4830


キャノンのプリンタip4830は2種類のブラックインクを使用し写真用紙の他にも普通紙やはがき、宛名などもとてもきれいに仕上げることができます。これは写真をきれいにプリントするための染料と文字系をくっきりとプリントできる顔料ブラックインクの両方を搭載しているのがポイントです。


また、デザインも魅力的です。リビングなどに置いてもインテリアとして自然な調和感が高く、ブラックカラーの落ち着いた雰囲気で独立して見てもなかなか趣が深いタイプです。やはりキャノン製ということで写真印刷に特化させて利用される方や、レーベル印刷などにもマッチするという方は多いようです。

キャノンのプリンターip4830はまた、色あせが少なく、プリントした写真を長期間保存が可能です。キャノンの染料インク、そして純正の写真用紙を組み合わせることで実現されます。
posted with カエレバ
そしてこのプリンターip4830はインクタンクが独立しているため、一色ごとに交換できるというメリットを備えています。ネットワーク機能も高機能で、また精度の高いインク残量の検知機能を備えていますので、インク残量も正確にチェックされ、パソコンなどにネットワークを経由して通知させることが可能です。

posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャノン製プリンタでエラー!b200


PIXUS MP610、キャノン製のプリンターでb200というエラーが出ることがあります。こちらは制御基盤の異常やプリンタヘッドの不良など、広範囲なチェック作業が必要なようで、メーカに修理に出して返ってきてもまた同じエラーが出る、ということも場合によっては少なくありません。

マニュアル上では、このエラーはB200 プリンタトラブルが発生しました、ということで、ネットなどでキャノンを検索すると、プリンタ内部に不具合が生じている可能性があります。という情報がB200の場合は多いようです。

結局はヘッドや基盤の故障のようですが、早急に回復させることは難しいようで、しかしながらキャノンに交換を依頼した場合には店舗でもなかなか扱ってもらえないかもしれません。あるいはある情報では修理代を支払うことでメーカ対応ができるとのことですが、
プリンターが何度もエラーを起こしてしまうと、なかなか信頼性というのもなくなってしまいます。

この場合、コンビ二などでも印刷をするほうがメリットが大きくなりますし、プリンタを選ぶ際は特に注意されるという方も多いようです。基盤プリントが異常なケースでは、他の部位にも影響が出ている可能性も否定できないでしょう。

posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャノン製プリンタで電源が入らない


プリンターを使用しているうちに、電源が入らない、というような異常を起こすこともあります。キャノンやエプソンといった有名ブランド製のものでも、電源まわりや基盤などが反応しなくなると、電源が入らなくなり、交換することが必要になります。

コンセントを調べてみて、プリンターと電源コードとの接続の異常がないか、または電源ユニットの故障、断線などのチェックと、分解したりする必要もありますので、なかなか素人では対応しきれません。キャノンのサポートにつなぎ、色々とチェックするように依頼をされ、一通りやってはみても無駄だった、ということも多いかもしれませんが、修理代金は一定で、9450円とのことですので、思い切って修理を依頼される方も多いでしょう。

キャノンプリンタのユーザさんの話で、電源が入らないのはロジックボードの故障である可能性が大きい、と聞いたことがありますが、この場合も修理はメーカに送っての対応をしたほうがいいでしょう。

あるいはジャンク品などを購入してボードのみを交換することで改善することがあるかもしれませんが、技術的な問題がかなりあるかもしれません。キャノンなどのブランドでも電源異常はよくあることです、またあまり頻繁に電源を切らずにおくのも得策かもしれません。

posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャノン製プリンタでヘッド交換


プリンタで消耗する部位といえば、ヘッドが上げられます。つまりできれば簡単に交換できることが理想でしょう。ヘッド自体はメーカサイトや、販売店でも購入できるものが多いですが、旧製品のカテゴリに入る前に多少の余分をそろえておくといいでしょう。

プリンタヘッドはデリケートなものですので、自分で交換をせずにメーカに依頼するのもよい方法とおもいます。例としてキャノン製プリンタを使用している場合では、ヘッドリフレッシュ、ノズルのチェック、ヘッド位置調整、といった交換後のチェックが必要ですが、比較的専門の作業ですので、あまりなれない方にとっては面倒が大きいかもしれません。

やはりメーカに依頼したほうが安全性の面では好都合であるとおもわれます。
また、キャノンでもヘッドのトラブルと誤解しがちなところもありますので、交換しても動作が異常で、さらには交換してもすぐにヘッドが破損してしまう可能性も少なくはないでしょう。

キャノンでの修理代金は定額ですので、破損内容にかかわらず安心です。しかし異常な使用方法をしなければ破損の可能性がほぼ無いような部位であれば、有料となるケースもあるでしょう。また配送なども注意して梱包すべきでしょう。
posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャノンのプリンタでサービスモードを起動


レーザープリンタなどで多い機能がステータスシートを印刷したりできるサービスモードでの動作確認です。例えばキャノン製の比較的家庭向けのプリンタではできないような感じがしますが、サービスモードでの起動ができるタイプがほとんどのようです。

サービスモードはたとえてみれば裏のモードです。プリンタのサービスモードとは、メンテナンスモードとも一般に呼ばれ、多くはソフトウエアとして内蔵されているコマンドを使用して簡単に操作ができます。印字チェック用のプリントをしたりすることが主な用途です。

印刷することも普通の用途と変わりありませんが、プリンタが正常かどうかを判断するために色々な印刷物を実際に出力する手間を大幅に軽減させることができます。インクの不足しているカラーをチェックすることも頻繁に使用される機能でしょう。

この機能を搭載することで、定期的にメンテナンスをし、部品の異常などがあれば交換することで、プリンタも長く使用していくことができるでしょう。キャノンのものはモードに入るための操作も通常のコンソールからできます。

キャノン製のプリンタばかりでなく他のブランドでも、家庭用のものからオフイスタイプまでありますが、購入の際にはよくチェックしておきたいところです。

posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャノン、エプソンのプリンタ比較'2011


2011モデルの各ブランドのプリンタの性能や価格、機能などを比較してみた場合、まず、ここ数年でどこのプリンタも搭載している機能や画質などが特に違和感の無いレベルで統一されてきた向きが大きく、比較にあまり差はないと言っていいようです。

上位機種を比較してみても、エプソンは6色構成、1.5plインク滴のAdvanced MSDT、解像度は5760×1440dpiとこちらは春モデルのスペックですが、キャノンのほうも6色構成、1plインク滴の3サイズドロップレット、そして解像度は9600×2400dpiとなっています。

スキャナ搭載モデルはキャノンが最上位機種がCCD方式、フィルムスキャン対応というものになっていますが、昨年のものと同様といったところでしょう。2011年のデザインはエプソンがすっきりしたデザインにわずかに変化をしています。

またキャノンも2011の物を比較すると、カラーがシルバーからブラック系と落ち着いたカラーの傾向になり、より家庭向けプリンタとしての志向が強いといっていいでしょう。

キャノン、エプソンともにやはり多少の画質面、スキャン方式などのブランドごとの差はありますが、ネットワークやユーテイリテイなどはほぼ同じように使用でき、プリンタとしての性能もあまり差はない傾向が強いようです。

posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャノン製プリンタで黒が出ない


プリンタの故障かとおもわれるような症状として、インクが出なかったり、一部の色が出ない、印刷がかすれたりする、黒が出ない、ということが一般的に多く起こります。

もちろんキャノンやエプソンといった有名なブランドのものでも多いですが、これらはインクが目詰まりを起こしている場合が多いようです。目詰まりはユーザの方でもチェックして補修することが可能です。実際にキャノン製のものについて、黒が出ないため、ヘッドを取り出してペーパーなどでふき取ってみて改善されたというケースは多いようです。

またヘッドクリーニングやヘッドリフレッシュといったデフォルトで搭載されている機能を使用してみるのもよいでしょう。あるいはキャノン製プリンターでもヘッドが破損しているという可能性もわずかにあるでしょう。

上記のような対応をしてみて、またインク切れなどの初歩的なチェックをしてもだめというケースでは、旧製品になりますと修理も長くなってしまいますが、思い切って修理に出す必要もあるでしょう。

しかしながらキャノン等のプリンタで黒が出ないという場合、インクが固まってしまう例はかなり多いようです。アルコールなどに浸してみると固まりが解消されるケースも多いでしょう。
posted by プリンター大特価 at | Canon PIXUS(キャノンピクサス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。