hp製プリンタpsc2450


hp製プリンタpsc2450はプリンタ機能とコピー、スキャナー、そしてファクス機能を搭載した本格的なマルチユニットです。給紙が前面からでき、自動的に両面印刷も可能になっているなど、プリンタの先駆けともいえるhpならではの機能を満載しています。



また利用頻度が高い方にとってはファックス機能が付いているところも選びやすいポイントでしょう。特にsohoをされている方にとって、ネットワークを経由させて簡単にファックスができるところはうれしい機能でしょう。プリント機能についても、4800×1200dpiで4色印刷ができ、性能としてはオフイス用途としても問題ないタイプでしょう。

プリンタ用にデータを持ち運ぶことが多い方にとって、hp製プリンタpsc2450は4種類のメモリカードスロットを装備しているところもポイントです。

【フォトスマート プリンタ】
posted with カエレバ
また特徴として、デジカメなどで撮影したものをパソコンを経由することなくダイレクトでプリントができ、その操作性も大きな液晶画面によりとてもスムーズです。どうせプリンタを購入するのであれば、多少のコストはかかっても使えるタイプを、とお考えの方にはpsc2450はかなりお勧めできるタイプのプリンタです。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャノンのプリンタmp610


プリンタを購入する場合、用途や価格などを考えながらチェックすることは多いでしょう。また写真などには特に使用しない、ということであればかなりの選択子があるでしょう。

例としてキャノンのプリンタmp610はコピーとスキャナー機能も搭載し、ホームページの印刷やメールの印刷など、事務的な作業に適しているといえます。


キャノン製プリンタは文字印刷に向いている、写真であればエプソンがすぐれている、などの評価もありますが、操作感も落ち着いていて、処理能力も高く、故障も少ないのもチョイスの際に決定力になるとおもいます。

またトレイも上下が選択でき、使い勝手の面でもなかなか評価できます。
価格面もキャノンのmp610は2万円を切る設定です。CDRやDVDRへのダイレクトプリントも付属のアプリケーションで簡単にできます。

【キャノン プリンタ】
posted with カエレバ
その他、プリント速度もコストから考えるとかなり早く、印刷音も比較的静かです。プリンタといえばフロントからの給紙がなければ、という方にも好都合でしょう。後ろ側にスペースを置くタイプは特に家庭向けではないように思えますし、メンテナンス面でも不利な面は多いでしょう。キャノンのmp610はカラーももちろん使用できます。

posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp製プリンタc4490とドライバ


プリンタを使用する上で欠かせないのがドライバソフトです。パソコンから印刷する場合、パソコンにこのドライバをインストールすることで初めて使用できます。

新しいパソコンであれば、プラグアンドプレイという機能が働いてプリンタを物理的に接続するだけですんなりと印刷することもできますが、きちんとドライバをセットアップしないと文字化けなどの原因となることも多くなります。


例としてhp製プリンタc4490でもドライバのインストールは必須ですが、まずドライバそのものを用意します。これには最新のものがより安定する可能性が高くなりますので、インターネットからダウンロードするのがよいでしょう。hpのサイトから直接ダウンロードすることがお勧めです。用意ができればあとはOSからプリンタをセットアップします。

【フォトスマート プリンタ】
posted with カエレバ

セットアップできれば、あとは印刷ができます。あるいはhp製プリンタc4490ではwindows7に既にドライバはセットされていますので、プラグアンドプレイで対応できるでしょう。

また何か不具合が起きたり調子が悪ければ後から最新のものをダウンロードすればよいでしょう。またドライバと共にソフトウエアが付属していますので、使用することでより快適にc4490を使うことができます。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp製プリンタと余白


hp製プリンタを使用していて、プリント結果の余白を省いてスペースを有効に使いたい場合がありますが、多くの機種では上下や左右などの余白のサイズが仕様となっていて変更できない場合があります。購入した時には特に気にしなかったものの、はがきなど色々なものに印刷をするようになって初めて気付いた、という場合では困ってしまうでしょう。

この場合よくある解決策としては、大きめの用紙に印刷をしてからプリント結果を物理的にカットする方法などがありますが、カットするための器材がなかったりする場合もありますし、その分の作業もなかなか時間がかかってしまいます。

このような余白の問題はよくプリンタではあるものですが、ごく最近のタイプはhpに限らず、このような使い方を考えて余白を削ることができる仕様を持ったタイプも多いようです。

あるいはデザイン面で工夫をして余白を気にならないようにするという方法を採る方もいらっしゃるでしょう。そのようなテンプレートや方法がインターネットにも紹介されているようです。余白はプリンタを使用して上手にプリントする上で欠かせない要素ですが、狭くするのはhpや各社の最近のトレンドともいっていい要素ですので、思い切って新しいタイプを購入する方も多いでしょう。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エプソン製プリンタでヘッドクリーニング


エプソン製プリンタなどでも、あまり使用頻度が高くなかったりするケースでは、ヘッドのノズル付近が目詰まりを起こしてしまい、ヘッドクリーニングをしなければならなくなることがあります。また、ヘッドクリーニングは乾いたりして目詰まりを起こしたヘッドに新しいインクを流して正常に戻すため、インクの消耗がかなり激しくなります。

エプソン製品でも純正以外で使用できるインクはかなりありますが、このことはインクの価格面から言ってもあまり好ましいことではありませんので、よくあまり使用しない場合でも電源を入れて温めておいたり、定期的に無駄なものでもいいからプリントするようにしておくとよい、という話を聞きます。

あるいは電源を切る際に、プリンタの電源ではなく、面倒なために商用コンセントを切ってしまうケースもありますが、この場合、ヘッドにキャップ処理がされずに、よりヘッドの状態は乾燥してしまって悪くなる可能性が高くなります。対応策としては、ネットワーク接続できるプリンタであれば、パソコンなどから定期的にコマンドを発行する方法もよいでしょう。

標準で使用できるヘッドクリーニングコマンドだけでは収まらず、分解などが必要になるともっと困ってしまうのが常ですので、十分に対策を立てておきたいものです。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp製プリンタでl版


プリンタでは名刺や写真、文書など、色々なタイプのドキュメントがプリントできますが、例としてl版の写真をプリンタでプリントする場合等、メーカによって設定方法などが違うことが多くなります。

例えばHP製プリンタの場合、この用紙サイズにL版を選択することができない機種もありますが、L版やはがきなどに対応した専用のトレイのサイズが準備されていますので、そのまま用紙をセットすれば、トレイを選択するだけで自動認識されるようです。

一般にHP製に限らずこのような稀に使用されるだろうというサイズのプリント物についてはあまり簡単にプリントできるようにはなっていないことも多くなりますが、大抵はマニュアルやオンラインマニュアルなどでチェックすれば可能になるでしょう。

またHPのものであれば大抵の用紙にプリントできると思います。プリンタは今では写真印刷に適していてコストパフォーマンスも高いものが多く出回っていますが、いざという時に出力できないということがないようにできるだけわかりやすいタイプのものを準備しておきたいものです。L版タイプの印刷が多い場合、キャノンのプリンタはより操作しやすくなっているものが多いようです。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp製プリンタとヘッドクリーニング


hp製プリンタを使用していると、ヘッドクリーニングが必要になることがあります。何もエラー表示は出ないという場合でも、インクは十分に残っているのに印字がかすれたりした場合はヘッドクリーニングで解消することも多いでしょう。

また、長い間プリンタを使用していなかった、というケースでは、プリンタそのものが自動で行うヘッドクリーニングでは対処として不足してしまう場合もあります。これはインクがヘッドのノズルなどの部分にこびりついてしまうためです。

あるいは電源の切り方が悪い場合でも、ヘッドをキャッピングせずに収納してしまうため、これに関連する障害が起きやすくなってしまうでしょう。

その他にも、埃が多い場所にプリンタを設置していたりする場合も多く当てはまるでしょう。
hpのサイトにもありますが、この場合手動でのクリーニングをする必要があります。麺棒などを水分をちょっと含ませ、プリントヘッドのノズルをていねいに拭きますと、解消されるでしょう。

あるいはこびりついている場合は水道水などではとりずらい場合もありますが、市販の溶液などを使用することで解消できるでしょう。プリンタのマニュアルに詳しく載っていないケースも多いので、インターネットのhpサイトで調べなければならないこともあります。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp製プリンタとcdラベル印刷


hp製プリンタでcdラベル印刷をするという場合、気をつけなければならないのは添付のcdラベル印刷ツールがあまりにも貧弱であるというところです。現行機種についてもあてはまるかどうかわかりませんが、DVD/CDレーベルプリント対応の新5色インクシステムを採用したタイプのHP製プリンターでもツールはかなりシンプルのようです。
cdラベル印刷される方であればある程度凝ったものを作成したいという方も多いでしょうから困ってしまいますが、他社製のツールでも難なく対応できるようです。

人気のあるのはラベルマイテイなどですが、こちらの正規版もあれば、簡単なツールについてくるような簡易版もあり、ある程度の要求には対応できるようです。

dvdやcdなどのラベルは保存用としてかなり大切な要素になる部分ですので、できればこのようなツールで本格的に作成されたいという方も多いでしょう。また学校などでもラベルを作成して学生さんに配ったりする際にはとても重宝します。

フリーのツールでもとても有望なものがいくつかあります。かんたんデザイン工房がその例です。hp製プリンタや他社のものでも対応しています。できれば印刷に失敗しないように、テストで普通紙などに印刷しながら使用するとよいでしょう。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp製プリンタで印刷できない


hpなどのプリンタを使用していて、突然印刷できない、ということになる場合がありますが、これには色々な対処が考えられるでしょう。
hp製に限らず、プリンタが印刷できないということになるのは何か原因がありますので、印刷できていた時から印刷できない事象が発生した時点までにどのようなことがあったか、何かパソコンやプリンタまわりで変更をしたか、ということが大きな手がかりとなるでしょう。

例えばその間にウイルスソフトをインストールした場合は、セキュリティ設定でプリンタ使用がオフにされてしまっている可能性もあるでしょう。

手動で何か行った、ということ以外にも印刷できない原因があるかもしれません。
パソコン内部で自動処理をし、その内容がそぐわないという場合がそうでしょう。
ネットワークを使用している場合は、LANなどでは他のパソコンがそのような設定をしてしまったことも考えられます。

そしてやはり忘れてならないのは基本的なプリンタ側での問題でしょう。もちろん紙詰まりや給紙のミスも考えられます。これらのことはもちろんhp以外のプリンターにも当てはまりますが、メーカや機種ごとに使い方は違ってきますので、機種依存で使用するためのツールなどはあえて使わないようにされている方も多いようです。

posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp製プリンタの点滅


hp製プリンタを使用していて、ボタンが点滅などして印刷ができなくなる、ということがあります。回復させるために電源を入れなおしても無効で、そのままローラーが廻り続けたり、その後に特定のボタンが点滅をしたりすることもあります。

パソコンから再度ジョブを起動させてもエラーが表示されたりもするようです。このような場合、真っ先に紙詰まりをチェックされる方は多いでしょう。

しかしながら、実際に紙詰まりをチェックしても、破片すら見つからないという場合も多く、なかなか対応できなく、hpのマニュアルやインターネットでも原因や対処方法が見つからないとなると困ってしまいます。

hpのサービスセンターに点滅について問い合わせれば解決するかもしれませんが、時間がかかってしまいます。

プリンタがこのような故障を起こさないようにするコツはいくつかあるでしょう。一般には、定期的に使用するようにすること、インクカートリッジなどのデリケートな部分は特に念入りにメンテをし、電源をきちんと落とすこと、そしてプリント用の用紙の品質やタイプを頻繁に変えないようにすること、プリンタ自体をあまり環境が違う場所に設置しなおしたりしないこと、などが主なものとして上げられます。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。