hp製プリンタb109a


hp製プリンタb109aはとてもお得なコンパクトタイプのプリンタです。家庭用としても簡単に使用できますのでマッチしているでしょう。操作方法もタッチ式で、ボタンなどで手順を覚えるタイプではなく画面の簡単なナビを見ながら進めることができます。またインクの供給方法も4色独立インクですので、まず経済性にすぐれていると言えます。

使い切ったらその色だけを交換できますし、コストを抑えるために全色を同じ分使用する、などの面倒が不要です。またご家庭などではWEBサイトをプリントして取っておく方も多いでしょう。その場合には、b109aのスマートWEBプリントという機能が有用です。

インターネットエクスプローラーなどのプラグインとしてインストールするだけで、後はWEBサイトからプリントしたい部分だけを選択し、簡単にプリントすることができます。WEBサイトには不要な広告などが不要な場所にあるケースも多いですし、また切り取りや貼り付け、そして専用ツールを用いるなどは初心者ではなかなか覚えずらいものです。
posted with カエレバ
hp製プリンタb109aのもう1つお勧めな点はデザインです。マックなどとセットで購入してもなかなか雰囲気がマッチするのがこのhpのプリンタであると評判です。



posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp製プリンタとエラーコード


プリンタを使用していると、うまくプリントできない、エラーコードが表示されてしまった、ということがあります。またエラーコードが出た場合、簡単に直せるようなものから、なかなか対処が難しいものまであります。hp製プリンタでも長めのエラーコードがよく出ます。

例えば0x610000f6という16進数のエラーコードは、紙詰まりがおきていることを表示していますが、意味はわかっても、その対処はきちんと手順を踏まなければなかなか直せない場合も多くあります。

基本的にはこの場合では、hp製ではまず上手に紙を取り除き、プリンターの初期化をします。電電を入れなおし、待つのに2分程度かかります。両面印刷モジュールがある場合は、タブを押してそのアクセサリを一時的に取り外すことも必要になります。

また詰まっている用紙がまだある場合には、ローラーからゆっくりと引き出し、他にも紙片がある場合には取り出します。このような手順を踏めば、大抵の紙詰まりは解消されます。

hpでも他社のものでも、プリンタの管理は意外に複雑です。このようにプリンタが突然エラーになってしまうことを避けるために、ネットワーク経由でエラーを通知させることができるタイプのものを選ぶ場合も多いようです。
posted by プリンター大特価 at | HP Photosmart(フォトスマート) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。